舞鶴自然文化園のアジサイ展を観る

今年は例年よりも早々と入梅宣言が報じられたが初日に降ったあとは降雨がなく、紫陽花の色付きもないままであった。
やっと入梅らしい天候となり舞鶴自然文化園が6月20日に見頃を迎え開催された。
24日(月)に出かけたが、引揚記念館手前の大波トンネルまで本格的な降雨の中を車を走らせた。
しかしトンネルを抜けると全く濡れた気配もなく驚かされた。

道を間違え直進してしまい、野原口の峠を下る所まで行き引き返した。
何度も行っているのに酷い呆け様で我ながら呆れている。

f0237893_18155224.jpg
舞鶴自然文化園案内図
f0237893_18165360.jpg
舞鶴自然文化園の体験学習棟と展示棟
カフェ・フローラで「舞鶴の守りたい自然ー自然環境データーブックー第4版」を購入
f0237893_18173772.jpg
舞鶴自然文化園のアジサイ園案内
f0237893_18181613.jpg
アジサイ展会場
f0237893_1818558.jpg
アジサイ展
f0237893_18192964.jpg
アジサイ展
f0237893_18195724.jpg
アジサイ展
f0237893_182026100.jpg
アジサイ展
f0237893_18204668.jpg
アジサイ展
f0237893_18211026.jpg
アジサイ展
f0237893_18213110.jpg
アジサイ展
f0237893_18215113.jpg
アジサイ展
f0237893_18221075.jpg
アジサイ展
f0237893_1822283.jpg
アジサイ展


[PR]

by nbcayabe | 2013-06-25 18:23 | 花だより

ローズ・フェスティバルを観る3

あやべバラ園を市民のボランティアで造成してバラの植え込みをしたが、今年は見事な花が咲き素晴らしいバラ園になった。特に中央に世界連邦のマークと共に植え込まれた世界平和希求の「アンネのバラ」が今年は見事に咲きそろい素晴らしい。バラの剪定教室がバラ園造成、植え込み、オープニングの後のシーズンに市民ボランティアを集めて行われたが、体調を崩したりで参加できなかった。

剪定直後の様子を見ると本当に丸裸に近いところまで刈り込まれているようだ。それも高度な技術と知識だと思われる。と云うのは昨年梅雨が済み梅の実を収穫した後、インターネットで梅の枝の剪定方法・時期を調べ、来年の花芽を残すと云うその記事を参考に自己流でしっかり3本の梅の木の剪定を行った。ところが今年の梅の収穫は見事にゼロである。去年は近所に分けてあげる程多量に採れた。何処かで剪定の方法を間違っていたのだと思われる!実の一つだに無き悲しい状態だ!
f0237893_1734062.jpg

f0237893_1734444.jpg

f0237893_1735147.jpg

f0237893_17352025.jpg

f0237893_17354690.jpg

f0237893_17361412.jpg

f0237893_17377100.jpg

f0237893_17372552.jpg

f0237893_17373916.jpg

f0237893_17375671.jpg

f0237893_17381251.jpg

f0237893_17382822.jpg

f0237893_17384342.jpg

f0237893_17385686.jpg

f0237893_1739179.jpg

f0237893_17393330.jpg

f0237893_17394751.jpg

f0237893_174076.jpg

f0237893_1740217.jpg

f0237893_17404935.jpg

f0237893_1741876.jpg

f0237893_17413357.jpg


[PR]

by nbcayabe | 2012-06-16 17:41 | 花だより

ローズ・フェスティバルを観る2

あいす・ストロベリーバラ園は舞鶴市の白鳥街道近くにある町中の小さなバラ園だが、ぎっしり植え込まれて良く手入れされている。バラ作りも土の管理が大切だと思う。店舗ハウスがあり、バラづくりの肥料など色々と置かれている。

以前井倉新町に住んでいたとき、亡母がバラづくりに精を出し亡父にあれこれと世話をやかせていた。かなり広い場所が必要であり季節ごとにしっかり剪定して手をかけていた。神宮寺に移ってからもバラ作りを続けていたが、場所が狭くまた日当たりが悪いので病気になりがちで消毒が大変な様子であった。数輪の見事なバラが咲くと誇らしげに喜んでいた。

f0237893_17213023.jpg

f0237893_1722154.jpg

f0237893_17222184.jpg

f0237893_1722457.jpg

f0237893_1723777.jpg

f0237893_17232742.jpg

f0237893_17244178.jpg

f0237893_17251151.jpg

f0237893_17252911.jpg

f0237893_17254896.jpg

f0237893_172611100.jpg

f0237893_1726325.jpg

f0237893_17265483.jpg

f0237893_17271515.jpg

f0237893_1727333.jpg

f0237893_17275492.jpg

f0237893_17281148.jpg

f0237893_17283172.jpg

f0237893_1729813.jpg

f0237893_17293322.jpg

f0237893_17301597.jpg

f0237893_17304124.jpg

f0237893_17315944.jpg


[PR]

by nbcayabe | 2012-06-16 17:32 | 花だより

ローズ・フェスティバルを観る1

前掲の第44回舞鶴市展の帰りに今年も「すとろべりぃあいすバラ園」で開催中の「ローズ・フェスティバル」を観た

f0237893_18583078.jpg
全日本第2位1100品種、650坪、数万輪のバラが満開を迎えました。6月24日(日)までとある

咲いているバラを激写したので以下紹介する
f0237893_20381348.jpg

f0237893_20393072.jpg

f0237893_20403213.jpg

f0237893_2043169.jpg

f0237893_20433731.jpg

f0237893_20435591.jpg

f0237893_20443056.jpg

f0237893_20445058.jpg

f0237893_2045560.jpg

f0237893_20452532.jpg

f0237893_20454097.jpg

f0237893_20455790.jpg

f0237893_204621100.jpg

f0237893_20464615.jpg

f0237893_2047246.jpg

f0237893_20471875.jpg

f0237893_20473364.jpg

f0237893_20475486.jpg

f0237893_20481790.jpg

f0237893_20483359.jpg



[PR]

by nbcayabe | 2012-06-15 19:06 | 花だより

見事なクリンソウの群生を見る

歩かなくても道路側に見事なクリンソウの群生が見られると、舞鶴市のふじもと様夫妻から誘われ、5月15日午前10時に自宅まで迎えにきていただき、ふじもと様の車に同乗して見に行った。

f0237893_10562892.jpg

大江町から但東町に抜ける国道の側に咲いていた
f0237893_10571710.jpg

丁度見頃の最盛期のクリンソウ群生、至る所に花の群生がかたまって咲いている
f0237893_10573891.jpg

見事なクリンソウ
f0237893_1058562.jpg

クリンソウ拡大
f0237893_10582736.jpg

クリンソウ拡大
f0237893_10585078.jpg

サクラソウ
f0237893_10591943.jpg

白いシャガとクリンソウ
f0237893_10594251.jpg

少しピンクがかった躑躅
f0237893_1103416.jpg

白い躑躅も満開
f0237893_1105753.jpg

管理されている農家の方と話を交わす
f0237893_1111360.jpg
ふるさとの情緒たっぷりな田園風景を歩き路肩に停めた車に戻る


[PR]

by nbcayabe | 2012-06-12 11:19 | 花だより

ぐんまフラワーパーク3 バラ園

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

3年前に今回と同様に娘家族を送り茨城県守口市を訪れたとき、茨城県フラワーパークに連れて行ってもらった。「バラ」は茨城県の「県花」だと云うので、見事なバラ園などバラを楽しんだ

雨の中、ぐんまフラワーパークを一回りして来て「ぐんまの池」に面したショッピング・プラザのカフェ「クローバー」で休みコーヒを飲む。窓からバラ園が見えるので誘ったが雨が酷いので行かないと云うので、傘を差して一人でバラ園に向った。

春のバラ5~6月と秋のバラ9月下旬~の間なので、残りバラが見られた。パークの園丁が何人も雨の中でバラの剪定に励んでおられた。一部剪定が終わっていたが広大なバラ園なので、まだまだ残りバラが咲いており、雨に濡れて色鮮やかなバラを楽しんだ

最後にこのバラ園の植栽図を入れたが、126品種・約1000本のバラがあり、フロリパンダ・ローズ、伝統的銘花、日本のバラ、イギリスのバラ、フランスのバラ、ドイツのバラ、アメリカのバラ、ツルバラ、ミニツュア・ローズの13区画に分けて植えられている。

雨の中を激写したバラを次に並べます

f0237893_17214646.jpg

f0237893_17211547.jpg

f0237893_1724559.jpg

f0237893_17231310.jpg


f0237893_1725472.jpg


f0237893_17252465.jpg


f0237893_17254457.jpg

f0237893_17261739.jpg


f0237893_17264174.jpg


f0237893_1727065.jpg

f0237893_17271710.jpg

f0237893_17273771.jpg


f0237893_17283235.jpg


f0237893_17285195.jpg


f0237893_1729960.jpg


f0237893_17292813.jpg


f0237893_1729481.jpg


f0237893_1730786.jpg


f0237893_17302765.jpg


f0237893_17304763.jpg


f0237893_17311142.jpg


f0237893_17312970.jpg


f0237893_17315581.jpg


f0237893_17321776.jpg

f0237893_17323363.jpg


f0237893_17325779.jpg
降りしきる雨の中で傘をさし写真を撮っていると携帯電話がかかってきた。もう少しと云ってしばらく写真を撮った。ショッピング・プラザに行くと出た後の様子で、再度電話があり、ゲートで待っているとのこと。
全員揃ったところで昼食を食べに車に乗り込んだ


[PR]

by nbcayabe | 2011-09-04 16:51 | 花だより

ぐんまフラワーパーク2 観賞温室エリア

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

3年前に一緒に行った茨城県のフラワーパークにも温室があった。 ここの温室エリアの植物を観賞した

f0237893_1327559.jpg
観賞温室案内図 彩の空間 ラン温室、熱帯花木温室、イベント温室、サボテン温室、ベゴニア温室 
f0237893_13272949.jpg
黄色いランの花
f0237893_13275788.jpg
モニュメント
f0237893_1328153.jpg
色とりどりのラン
f0237893_13283020.jpg

f0237893_13284456.jpg
フィリッピン人物像
f0237893_1329334.jpg
熱帯花木温室 鮮やかな色彩を放つトロピカル・ゾーン
f0237893_13291959.jpg
上段に上がって宝探しをしている
f0237893_13294894.jpg
緑の空間
f0237893_1330178.jpg
絶滅危惧種の栽培も
f0237893_13303794.jpg
トックリヤシなど
f0237893_1331946.jpg
水辺の歓声 ビオトーブ・ガーデン
f0237893_1332093.jpg

f0237893_13322523.jpg

f0237893_13324913.jpg
宝のありかイベント中
f0237893_1333931.jpg

f0237893_13333410.jpg
サボテン温室 トゲで身を守る砂漠の水タンク
f0237893_13335522.jpg
赤い岩のあるサボテン温室
f0237893_13341931.jpg
サボテン温室
f0237893_13344239.jpg
赤っぽい岩にソンブレロが置かれている
f0237893_13355052.jpg
ベゴニア温室 日本でなじみの深い園芸植物
f0237893_13361164.jpg
ベゴニア花壇
f0237893_13363276.jpg
三段に植えられたベゴニア
f0237893_13365471.jpg
赤レンガにアレンジされた空間
f0237893_13371728.jpg
赤やオレンジのベゴニア
f0237893_13373936.jpg
黄色いベゴニア


[PR]

by nbcayabe | 2011-09-04 16:49 | 花だより

ぐんまフラワーパーク1

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

娘のアパートに泊まり起床すると、日曜日の今日は雨だった。朝食をよばれ亭主の車で娘家族と揃って群馬・前橋観光に出かける。

3年前に今回と同じく娘家族を送り茨城県守口市に行った。その時は「筑波山ハイキング」のあと、「茨城県フラワーパーク」につれて行ってもらった。 「筑波山ハイキング」のブログは、Doblogが事故り失われた。フラワーパークのブログも、HPに復活させたもので、元の写真など全てのリンクが失われてしまった。

f0237893_20241222.jpg
今日は「ぐんまフラワーパーク」にやって来た
f0237893_20244990.jpg
正面ゲート
f0237893_20253118.jpg
入場券を購入 入園料700円(中学生以下無料)
f0237893_20254991.jpg
園内に入る
f0237893_20263565.jpg
ぐんまフラワーパーク 花のみどころ 案内マップ
 四季を通じてさまざまな花と出会える。赤城山麓の南面に位地する。東京ドーム約4ケ分の広さを誇る花園。季節ごとに見頃の花が咲き誇る約6000平米の「フラトピア大花壇」をはじめ、ハーブを中心に約180種5000株が植えられている「香りの散歩道」のほか「熱帯花木温室」、種類豊富な山野草や高山植物を植栽する「ロックガーデン」など年間を通じて観賞できる。
f0237893_20271526.jpg
チューチュートレイン「フラワー号」雨で動いていない
f0237893_21463556.jpg
遠くのパークタワーに向って白い門柱の並ぶプロムナード
f0237893_2147162.jpg
フラトピア大花壇に沿って道を上がる
f0237893_21472642.jpg
黄、白、青に植え込まれた花壇
f0237893_21474650.jpg
うす青色の草花
f0237893_2148671.jpg
赤や黄色の花壇
f0237893_2148294.jpg
広いフラトピア花壇をみながら歩く
f0237893_21485211.jpg
パーク・タワーに近づいた
f0237893_2149895.jpg
青い草花が一面に
f0237893_21492558.jpg
大きな樹木が、日本庭園、つつじが丘、さざんか園、ダリア園の境界を区切る
f0237893_21494310.jpg
円形のフラワーホールの外郭
f0237893_2150218.jpg
雨に濡れた樹木のある風景
f0237893_21502157.jpg
タワーにエレベーターで登り上からフラワーホールを見る
f0237893_21504272.jpg
反対側の歩いてきたエントランス方向の柱列、中央に水流がある
f0237893_21505957.jpg
ぐんまの池とショッピング・プラザ(ゲートから右手)。 タワーのブリッジを渡り反対の階段を歩いて下りる
f0237893_21511667.jpg
ダリアが咲いている。途中で温室エリアに行き観賞温室を参観
f0237893_21514163.jpg
フラワーホールの外郭は朝顔の咲くカーテン
f0237893_21521067.jpg
フラワーホールでは写真コンクール開催中(雨天で殆ど来客は無人状態の公園)
f0237893_21523340.jpg
ホール2階テラスよりアラベスク庭園を見下ろす
f0237893_21525185.jpg
右手キッズ・エリアに入り「カリヨンの花時計」
f0237893_21531590.jpg
晴天なら気持ち良さそうな緑の絨毯「ちびっ子広場」
f0237893_21533612.jpg
潅木がいろいろな動物の姿に刈り込まれている
f0237893_21535375.jpg
ぐんまフラワーパークと太陽光発電
f0237893_21542278.jpg
太陽光発電の電気を使った噴水があるが今日は雨天。 キッズ広場の「じゃぶじゃぶ池」につづいている
f0237893_2154471.jpg
ぐんまの池のソーラーパネル
f0237893_21551250.jpg
いこいのエリア案内板
f0237893_2155352.jpg
ショッピング・プラザに入る。売店「ローズ」。カフェ「クローバー」で飲み物を飲み一休み
f0237893_2155551.jpg
雨に濡れた咲き残りのバラ園の写真を撮る。イングリッシュ・ガーデン入り口
f0237893_21562279.jpg
中へ入ると白い花ノ咲く階段が下に続いていた
f0237893_21564533.jpg
引き返して「ぐんまの池とパークタワー」を撮る
f0237893_2157576.jpg
ぐんまの池とショッピング・プラザ


[PR]

by nbcayabe | 2011-09-04 16:47 | 花だより

石楠花の満開の千手院

干支頭の会(子歳生まれの同窓会)の帰り道、山の手の道伝いに散策し、石楠花のきれいな千手院の境内を撮った
f0237893_1914970.jpg
「真言宗・霊応山・千手院」の「標柱」と「石垣」、「参道」
f0237893_1914118.jpg
境内を上に登っていくと石楠花の上に「忠魂碑」が見える
f0237893_19135223.jpg
振り返ると千手院の「山門」と「本堂」、遠くに位田高城山と横尾山が並ぶ
f0237893_1913448.jpg
石楠花と「文殊堂」「四尾稲荷神社」「水天宮」「鎮守堂」
f0237893_19133374.jpg
「四尾稲荷神社」「文殊堂」「水天宮」
f0237893_1913264.jpg
石楠花をはさみ「鎮守堂」と「三界萬霊碑」
f0237893_19131652.jpg
石楠花の上に建つ「鎮守堂」
f0237893_1913762.jpg
石楠花の上に「文殊堂」と「四尾稲荷神社」
f0237893_19125445.jpg
石楠花の土手の上にのぞく「薬師堂」


[PR]

by nbcayabe | 2011-05-30 19:38 | 花だより

夜久野高原 京都府緑化センターの見事なヤエベニシダレ桜トンネル

「但東町のチューリップまつり」出石町・伊藤清永美術館「100年のキセキ展」、「出石城跡・出石そば由来・家老屋敷」、「稲荷神社・有子山城跡」、「辰鼓楼・大手前・出石そば」などと周り、再び但東町へ向う国道482号線の途中から鉄鈷山の麓を横切り夜久野高原に入り、京都府緑化センターの「ヤエベニシダレ桜のトンネル」を見に行った
f0237893_16494851.jpg
重厚なヤエベニシダレ桜のトンネル 入り口付近
f0237893_1651425.jpg
京都府緑化センターの標柱の立つ桜トンネル入り口
f0237893_16513679.jpg
京都府緑化センター案内図
f0237893_16512661.jpg
ヤエベニシダレ桜の拡大写真
f0237893_16511726.jpg
トンネル下を観る人の頭まで垂れ下がるヤエベニシダレ桜
f0237893_1651959.jpg
ヤエベニシダレ桜の案内
f0237893_16505921.jpg
車椅子の観桜者も
f0237893_16505036.jpg
車椅子の観桜者も混じって
f0237893_16503094.jpg
桜トンネルの奥から左外側を撮る
f0237893_16501987.jpg
桜トンネルの奥から右外側を撮る

帰りに夜久野高原の夜久野温泉、道の駅:夜久野などの一角にある夜久野農匠の館に寄り、3月に原木しかなく買いそびれた「椎茸菌の種付け済みホダ木」を求めたが、もう原木も置かれていなかった。草花の苗を買って帰る。
さらに福知山の菓子屋(2店)に行ったがどちらも休日だった。ついでに国道9号沿いの大きな書店に行き「ルルブ・群馬県」などを買った。外に出ると雨が降り出したので車中の降雨となった。天気予報が外れると期待して出かけたのは正解だった


[PR]

by nbcayabe | 2011-04-24 17:22 | 花だより