府民の森ひよし キャンプ施設

孫たちの来綾帰省に備え、バーベキュの出来るキャンプ場の下見に行った。日吉青少年山の家
http://nbcayabe.exblog.jp/13674928/
から日吉ダム・天若湖近くの「府民の森ひよし」に移動した。

f0237893_19545360.jpg
府警の乗馬イベントが子ども達を集めて行われていた
f0237893_1955724.jpg
乗馬イベントで一周
f0237893_19552516.jpg
貸し一戸建ロッジが並ぶ
f0237893_19553712.jpg
炊事施設
f0237893_19554949.jpg
貸し一戸建ロッジ全景
f0237893_1956315.jpg
キャンプ場全景
f0237893_19561643.jpg
かまど、調理場


[PR]

by nbcayabe | 2010-05-19 20:05 | 里山・川散策

弥仙山三社大祭・山菜まつりに参加

GWの5月3日、弥仙山三社大祭と山菜祭りの取材に行った。於与岐の弥仙山会館に車を置き、シャトルバスで弥仙山山麓にある「弥仙山山菜祭り」の会場に到着。
何時もなら弥仙山から下山する頃には、小さな蕗を束ねた人気の山菜が売り切れなので、5束900円のを2組買い名前を書いて売り場に預けた。1組は下記の孫へのお土産用である。

今日は孫2人も爺・婆に連れられて来ると言うので会場で待つと、8時10分の綾部市役所前から出発の送迎バスで到着した。水源の里のスタッフが開催する弥仙山ウォーク・スタンプラリーに参加を申し込んでいた。
途中で食べるようにと柏餅をテント村売店で買い持たせる。

於与岐町のYさんや子どもたちは開会セレモニーを待たずに登山に向かう。私は軽快な弥仙山太鼓のあと、10時からの実行委員長と山崎善也綾部市長の挨拶を取材してから、子どもたちの後を追い弥仙山に向かった。

取材した記事は下記をクリックしてご覧ください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/825.html

弥仙山登山中に見かけた山野草の写真を載せる
f0237893_8412437.jpg
ヤマシャクヤク
前日に綾部の文化財を守る会の会報を届けに於与岐町のY会員宅に来て、これから今年のヤマシャクヤクの咲き具合を確認に弥仙山に行くところだとのこと。ヤマシャクヤクの受粉で共生関係にあるカマキリのことを聞いた。
検索で調べると「フタスジカタビロハナカマキリ」という長い名前なので、ムシ屋さん達には「キマル」と呼ばれている垂涎のまとのカミキリとあった。
f0237893_843731.jpg
マムシグサ
先般、山家のウラシマソウに関して、山家今昔写真の会の有道大作会長から訊ねられたところの山野草だ(記事は http://nbcayabe.exblog.jp/13456057/ をクリックください)
弥仙山には沢山自生しているが、これを掘り採って帰る人を見かけた。多いと云っても登山道の近くの山野草は、登山者みんなの宝物なので、採集だけは止めて欲しい。希少種の山野草だと一本の植生を失うだけでも絶滅の可能性が増すことになる。
f0237893_8435883.jpg
イチリンソウ
登山道わきの各所に見られる
f0237893_8444861.jpg
オオルリソウ
登山道わき各所に見られる
f0237893_8455674.jpg
紫のイカリソウ
舞鶴市境の稜線に多い
f0237893_8471337.jpg
ヤマブキ
今まで「山吹」は八重咲きで、葉も茎も良く見慣れている自宅にある花だとばかり思っていた。つまり太田道灌の山吹伝説にある、後拾遺集に醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王が詠まれた「七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき」という歌で、山吹は八重咲きだばかり過信していた。
舞鶴市のFさんに聞くと「ヤマブキ」では?とのことで、検索するとその通りであった。八重咲きでない、一重咲きの葉も茎も異なる「ヤマブキ」を始めて知った。

弥仙山中腹の於成神社、山頂の金峯神社に登り、宮司様は御詣りを終えて下山されるのに出会うが孫達には出会えず、改心の道・周回ルートを下りた。ウォーク・ラリーの受付で帰着情報を確かめるとまだ降りてきていないと云う。

登山口の水分神社に上がると宮司さんが御詣りの最中だった。しばらく経つと一番元気の良い次男坊が降りてきた。孫たち一行と山頂で食事中にすれ違った様子だ。大勢の人が昼食中だったので、ざっと見回したが見逃してしまった。
一緒にテント村会場に下りて、ステージで演奏中のマンボ・ジャズ・バンドを聞きながら、山菜うどんを注文し、家から持ってきたおにぎりを食べた。
やっと全員が下山して揃ったのでシャトルバスに乗り帰路についた。


[PR]

by nbcayabe | 2010-05-18 09:11 | 里山・川散策

日吉青少年山の家 キャンプ場下見

GWになったが合計7人の男子ばかりの孫は、親たちの都合で一人も来ない。夏休みの機会にでもと考え、バーべキュウの出来るキャンプ場の下見に行った。
f0237893_9151949.jpg
八重桜が広場沿いに綺麗に咲いていた
f0237893_9162527.jpg
山の家の管理棟、風呂もあり宿泊できる。沢山の人が泊まっている様子だった
f0237893_917441.jpg
山の家の配置図、案内板
f0237893_9181992.jpg
ロッジ棟が並んでいる
平成5年度林業山村活性化林業構造改善事業 森林活用環境施設(バーベキュウ棟等)事業主体:日吉町
f0237893_9191885.jpg
バーベキュウの出来るかまど
f0237893_9201015.jpg
六角型の屋根があるロッジ、テントを張たり、川原に下りて水遊びが出来る
f0237893_921326.jpg
木の橋が架かている


[PR]

by nbcayabe | 2010-05-11 09:34