イオンモールで買い物・京都文化博物館で北斎展を見る

奥神鍋・万場スキー場にマイカーで出かけ、気温の高い軟質雪を滑り帰りの運転が障わったのか腰を少し痛めてしまった。綾部市健康ブラザ「水夢」で毎日行っている「メタボ改善運動」も休み、折角減量した体重もまた増えたようだ。
今回の京都行きは息子にマイカーの運転を任せて行ってきた。先ず京都に着くと、国道9号線(五条通り)にあるイオン・モールに入り、見舞いの果物を買った。昼食後、家内のリクエストで北斎展を見に行った。ホノルル美術館所蔵となっているが、オアフ島へ行った時にホノルル美術館へも行っている
 http://www.justmystage.com/home/nbcayabe/kaigaitua/oaf001a.htm

f0237893_22233965.jpg

イオン・モールの野菜・果物店
f0237893_22241627.jpg

果物がいろいろ並んでいる
f0237893_22244871.jpg

フルーツ・ギフトと云うことで予算を云うと詰め合わせてくれる
f0237893_22251521.jpg

イオンモール内の店舗
f0237893_22253832.jpg

イオンモール内の店舗
f0237893_22264332.jpg


見舞いを済ませて京都市役所前の地下駐車場に車を入れる。京都府立医大など地下鉄を利用する時にも入った店で昼食を食べる
f0237893_222757.jpg

京都文化博物館まで歩く
f0237893_22272755.jpg

北斎展の案内
f0237893_22274694.jpg

チケットを買う行列
f0237893_22281071.jpg

案内のイアホン貸し出し付近
f0237893_2230258.jpg

書籍など展示
f0237893_22283065.jpg
絵はがき


[PR]

# by nbcayabe | 2012-03-11 22:55 | 美術展など

佐藤太清賞公募美術展を観に

1月18日(水)~23日(月)、福知山市佐藤太清記念美術館で展示されている第11回福知山市佐藤太清賞公募美術展を観に行った。(上位入賞作品のみ展示)
貰ってきたパンフレットによると応募・審査実績は、大きく増えた絵画の部で137点(131人)・130点(125人)、近年減少気味の日本画の部で96点(89人)・80点(74人)だったとのことである。

趣旨
 故佐藤太清画伯は、京都府福知山市に生まれ、幼き頃から絵の道を志し日本画の研鑽に努め、平成4年には文化勲章を受章しました。
  現代日本画壇の重鎮として後進の育成にも心を注ぎ、現在第一線で活躍する多くの日本画家を送り出してきました。
  福知山市は、その功績を讚え、その志を受け継ぐため、21世紀の芸術文化を担う人材の育成を目的として、高校生・大学生を中心に全国から絵画作品の一般公募を行います。

部門
○絵画の部=絵画作品全般(水彩・油彩・日本画を問わず)
     ※コンピューター・グラフィックス、写真は除きます。
○日本画の部=日本画

応募資格
○絵画の部
   平成3年4月2日~平成8年4月1日生まれの人
○日本画の部
   昭和59年4月2日~平成5年4月1日生まれの人
      ※18歳~20歳の人はどちらの部門にも応募できます。

パンフレット掲載の入賞作品 絵画の部
f0237893_1640969.jpg


f0237893_1641870.jpg


f0237893_16423154.jpg


パンフレット掲載の入賞作品 日本画の部
f0237893_164314100.jpg


f0237893_16434062.jpg


パンフレットには全ての入選作品、講評や選者評、作者からのコメントが編集され、フレッシュな素晴らしい美術展の受賞・入選作品が楽しめます。

主 催/
京都府福知山市・福知山市佐藤太清記念美術館
共 催/
横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
日図デザイン博物館(社団法人日本図案家協会)
名古屋市民ギャラリー矢田(公益財団法人名古屋市文化振興事業団)


[PR]

# by nbcayabe | 2012-01-20 15:41 | 美術展など

丹波市立植野美術館でヨーロッパ絵画展を観る

今年の「院展」および「フェルメール展」に家内が体調を崩しとうとう行けなかったが、祭日前の11月22日(火)に紅葉の観光で混雑する中を京都市美術館で開催の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」と京都国立博物館で開催の「細川家の至宝展」を観に行った。

京都から帰ると舞鶴市在住のふじもと様からメールで「天使がいた時代 ヨーロッパ絵画展ーバロックから近代へー」のご案内をいただいた。なか一日をおいて25日(金)に観に出かけた。

f0237893_1820891.jpg

絵画展  チラシ表紙

f0237893_18205288.jpg

絵画展 チラシ裏面

f0237893_18244657.jpg

植野記念美術館
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
丹波市立植野記念美術館は、美の鑑賞と憩いの場として加古川畔に臨じて建築されました。建物は(財)植野アジア芸術文化振興財団より、中国美術、版画・現代美術、パプアニューギニア民族美術品等の1,000点に及ぶ収蔵美術品の大半は植野藤次郎氏個人のコレクションから寄付を受けました。丹波の森の中核美術館に相応しく建物自体も美術品でなければならないという考え方から、地域の景観に溶け込むように設計され、外装内装とも総花崗岩積みという他にはあまり類を見ない石造建築物となっています。この美術館が地域文化の発信基地となり、訪れる多くの方々に美術鑑賞をとおしてやすらぎを与える場となることを目指しています。

【開館時間】 10:00~17:00 (入館 16:30まで)
【休館日】 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合はその翌日)
       年末年始(12月28日~1月4日)
       展示入れ替え期間

f0237893_18253124.jpg

植野美術館表の絵画展案内

素晴らしい宗教画や印象派前記の作品など楽しめました。私はヨーロッパの寺院や美術館で宗教画を多少は見ましたが(ケルン見本市ツァーで絵の好きな団長さんがおられ、そのお供で絵画ツァー、トレド、マドリード、ミラノ、バチカン、ルーブル・・・など行った)を思い出しながら見ました。
 また家内とホノルル美術館へ行きましたが、移民のノスタルジアか、母国から持ち込まれた宗教画、アンティーク家具などが沢山あり壮観でした。持ちやすい小さな イコンも多かったことも思い出しました。

先日京都へ行った「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」、「細川家至宝展」の混雑で人混みに当てられましたが、家内が、この美術館のようにゆっくり見られたらと云っていました。それでも多くの参観者が見えていました

折角の紅葉の秋の丹波路、欲を出して舞鶴高速道路を利用して、綾部IC-山南・石龕寺ー植野美術館ー氷上・円通寺と丹波紅葉の三大名刹の2寺も回る予定で、車のナビゲーションをセットし、3回もシュミレーションを見て出かけました。昼食はジョウシン電機など大型店舗の入るところで植野美術館の前後に行くことにしてナビに入れずにいました。

ところが春日ICの出口ですぐ先に別の連絡口(北近畿豊岡自動車道・無料)があるものと一瞬勘違いして通り越してしまい、降りられずに篠山ICまで行ってしまいました。一般道を鐘ケ坂峠を越え引き返し、JR福知山線に沿って南西にくだり、山南町谷川駅近くで福知山線と加古川線の2本の並ぶ踏切を越え、「山南・石龕寺」に行き着きました。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1207.html
石龕寺の見学記は上記をクリックしてご覧ください。

植野美術館に向け車を走らせ、近くまで来たので正午を過ぎており先に昼食をと考え、アテズッポに車を走らせましたが、今度は「氷上・円通寺」に来てしまいました。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1206.html
円通寺の見学記は上記をクリックしてご覧ください

駐車場でジョウシン電機のある大型店舗と尋ねると、「ユメタウン」の名前を教えてくれました。3回は行き知っていたのですが度忘れしていました。今度はカーナビに入れ車を走らせました。ところが「ユメタウン」を目の前にして進入路を間違え、またまた高速道路(北近畿豊岡自動車道・無料)に乗ってしまいました。バイパスなのか青垣まで行き、料金所ゲートもなく一般道路に下り、Uターンしてもう一度高速道に上がり引き返しました。青垣で降りたところは、丹波紅葉の三大名刹のもう一つ「青垣・高源寺」の近くでした。我ながら方向音痴の酷さに呆れるばかりの失敗の巻きです

f0237893_18254966.jpg
昼食を食べた「ユメタウン」


[PR]

# by nbcayabe | 2011-12-02 19:22 | 美術展など

ぐんまフラワーパーク3 バラ園

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

3年前に今回と同様に娘家族を送り茨城県守口市を訪れたとき、茨城県フラワーパークに連れて行ってもらった。「バラ」は茨城県の「県花」だと云うので、見事なバラ園などバラを楽しんだ

雨の中、ぐんまフラワーパークを一回りして来て「ぐんまの池」に面したショッピング・プラザのカフェ「クローバー」で休みコーヒを飲む。窓からバラ園が見えるので誘ったが雨が酷いので行かないと云うので、傘を差して一人でバラ園に向った。

春のバラ5~6月と秋のバラ9月下旬~の間なので、残りバラが見られた。パークの園丁が何人も雨の中でバラの剪定に励んでおられた。一部剪定が終わっていたが広大なバラ園なので、まだまだ残りバラが咲いており、雨に濡れて色鮮やかなバラを楽しんだ

最後にこのバラ園の植栽図を入れたが、126品種・約1000本のバラがあり、フロリパンダ・ローズ、伝統的銘花、日本のバラ、イギリスのバラ、フランスのバラ、ドイツのバラ、アメリカのバラ、ツルバラ、ミニツュア・ローズの13区画に分けて植えられている。

雨の中を激写したバラを次に並べます

f0237893_17214646.jpg

f0237893_17211547.jpg

f0237893_1724559.jpg

f0237893_17231310.jpg


f0237893_1725472.jpg


f0237893_17252465.jpg


f0237893_17254457.jpg

f0237893_17261739.jpg


f0237893_17264174.jpg


f0237893_1727065.jpg

f0237893_17271710.jpg

f0237893_17273771.jpg


f0237893_17283235.jpg


f0237893_17285195.jpg


f0237893_1729960.jpg


f0237893_17292813.jpg


f0237893_1729481.jpg


f0237893_1730786.jpg


f0237893_17302765.jpg


f0237893_17304763.jpg


f0237893_17311142.jpg


f0237893_17312970.jpg


f0237893_17315581.jpg


f0237893_17321776.jpg

f0237893_17323363.jpg


f0237893_17325779.jpg
降りしきる雨の中で傘をさし写真を撮っていると携帯電話がかかってきた。もう少しと云ってしばらく写真を撮った。ショッピング・プラザに行くと出た後の様子で、再度電話があり、ゲートで待っているとのこと。
全員揃ったところで昼食を食べに車に乗り込んだ


[PR]

# by nbcayabe | 2011-09-04 16:51 | 花だより

ぐんまフラワーパーク2 観賞温室エリア

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

3年前に一緒に行った茨城県のフラワーパークにも温室があった。 ここの温室エリアの植物を観賞した

f0237893_1327559.jpg
観賞温室案内図 彩の空間 ラン温室、熱帯花木温室、イベント温室、サボテン温室、ベゴニア温室 
f0237893_13272949.jpg
黄色いランの花
f0237893_13275788.jpg
モニュメント
f0237893_1328153.jpg
色とりどりのラン
f0237893_13283020.jpg

f0237893_13284456.jpg
フィリッピン人物像
f0237893_1329334.jpg
熱帯花木温室 鮮やかな色彩を放つトロピカル・ゾーン
f0237893_13291959.jpg
上段に上がって宝探しをしている
f0237893_13294894.jpg
緑の空間
f0237893_1330178.jpg
絶滅危惧種の栽培も
f0237893_13303794.jpg
トックリヤシなど
f0237893_1331946.jpg
水辺の歓声 ビオトーブ・ガーデン
f0237893_1332093.jpg

f0237893_13322523.jpg

f0237893_13324913.jpg
宝のありかイベント中
f0237893_1333931.jpg

f0237893_13333410.jpg
サボテン温室 トゲで身を守る砂漠の水タンク
f0237893_13335522.jpg
赤い岩のあるサボテン温室
f0237893_13341931.jpg
サボテン温室
f0237893_13344239.jpg
赤っぽい岩にソンブレロが置かれている
f0237893_13355052.jpg
ベゴニア温室 日本でなじみの深い園芸植物
f0237893_13361164.jpg
ベゴニア花壇
f0237893_13363276.jpg
三段に植えられたベゴニア
f0237893_13365471.jpg
赤レンガにアレンジされた空間
f0237893_13371728.jpg
赤やオレンジのベゴニア
f0237893_13373936.jpg
黄色いベゴニア


[PR]

# by nbcayabe | 2011-09-04 16:49 | 花だより

ぐんまフラワーパーク1

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食

娘のアパートに泊まり起床すると、日曜日の今日は雨だった。朝食をよばれ亭主の車で娘家族と揃って群馬・前橋観光に出かける。

3年前に今回と同じく娘家族を送り茨城県守口市に行った。その時は「筑波山ハイキング」のあと、「茨城県フラワーパーク」につれて行ってもらった。 「筑波山ハイキング」のブログは、Doblogが事故り失われた。フラワーパークのブログも、HPに復活させたもので、元の写真など全てのリンクが失われてしまった。

f0237893_20241222.jpg
今日は「ぐんまフラワーパーク」にやって来た
f0237893_20244990.jpg
正面ゲート
f0237893_20253118.jpg
入場券を購入 入園料700円(中学生以下無料)
f0237893_20254991.jpg
園内に入る
f0237893_20263565.jpg
ぐんまフラワーパーク 花のみどころ 案内マップ
 四季を通じてさまざまな花と出会える。赤城山麓の南面に位地する。東京ドーム約4ケ分の広さを誇る花園。季節ごとに見頃の花が咲き誇る約6000平米の「フラトピア大花壇」をはじめ、ハーブを中心に約180種5000株が植えられている「香りの散歩道」のほか「熱帯花木温室」、種類豊富な山野草や高山植物を植栽する「ロックガーデン」など年間を通じて観賞できる。
f0237893_20271526.jpg
チューチュートレイン「フラワー号」雨で動いていない
f0237893_21463556.jpg
遠くのパークタワーに向って白い門柱の並ぶプロムナード
f0237893_2147162.jpg
フラトピア大花壇に沿って道を上がる
f0237893_21472642.jpg
黄、白、青に植え込まれた花壇
f0237893_21474650.jpg
うす青色の草花
f0237893_2148671.jpg
赤や黄色の花壇
f0237893_2148294.jpg
広いフラトピア花壇をみながら歩く
f0237893_21485211.jpg
パーク・タワーに近づいた
f0237893_2149895.jpg
青い草花が一面に
f0237893_21492558.jpg
大きな樹木が、日本庭園、つつじが丘、さざんか園、ダリア園の境界を区切る
f0237893_21494310.jpg
円形のフラワーホールの外郭
f0237893_2150218.jpg
雨に濡れた樹木のある風景
f0237893_21502157.jpg
タワーにエレベーターで登り上からフラワーホールを見る
f0237893_21504272.jpg
反対側の歩いてきたエントランス方向の柱列、中央に水流がある
f0237893_21505957.jpg
ぐんまの池とショッピング・プラザ(ゲートから右手)。 タワーのブリッジを渡り反対の階段を歩いて下りる
f0237893_21511667.jpg
ダリアが咲いている。途中で温室エリアに行き観賞温室を参観
f0237893_21514163.jpg
フラワーホールの外郭は朝顔の咲くカーテン
f0237893_21521067.jpg
フラワーホールでは写真コンクール開催中(雨天で殆ど来客は無人状態の公園)
f0237893_21523340.jpg
ホール2階テラスよりアラベスク庭園を見下ろす
f0237893_21525185.jpg
右手キッズ・エリアに入り「カリヨンの花時計」
f0237893_21531590.jpg
晴天なら気持ち良さそうな緑の絨毯「ちびっ子広場」
f0237893_21533612.jpg
潅木がいろいろな動物の姿に刈り込まれている
f0237893_21535375.jpg
ぐんまフラワーパークと太陽光発電
f0237893_21542278.jpg
太陽光発電の電気を使った噴水があるが今日は雨天。 キッズ広場の「じゃぶじゃぶ池」につづいている
f0237893_2154471.jpg
ぐんまの池のソーラーパネル
f0237893_21551250.jpg
いこいのエリア案内板
f0237893_2155352.jpg
ショッピング・プラザに入る。売店「ローズ」。カフェ「クローバー」で飲み物を飲み一休み
f0237893_2155551.jpg
雨に濡れた咲き残りのバラ園の写真を撮る。イングリッシュ・ガーデン入り口
f0237893_21562279.jpg
中へ入ると白い花ノ咲く階段が下に続いていた
f0237893_21564533.jpg
引き返して「ぐんまの池とパークタワー」を撮る
f0237893_2157576.jpg
ぐんまの池とショッピング・プラザ


[PR]

# by nbcayabe | 2011-09-04 16:47 | 花だより

群馬県庁32階展望ホールから

お盆で帰省した娘と孫2人を送って前橋市のアパートへやって来た。
f0237893_112788.jpg
アパートで一休みのあと車で前橋市内の見物に出かける。まず孫の通う大利根幼稚園の前を通る
f0237893_1134078.jpg
前橋市中心地風景
f0237893_1135754.jpg
群馬県庁 徳川家康から「関東の華」と称せられた前橋城の本丸跡地に立つ
32階展望ホールから昼間は雄大な関東平野と上毛三山を望め、夜は夜景スポットとして人気が高い
f0237893_1143643.jpg
ロビーに入り巨大な年輪に腰かけポーズする孫
f0237893_1145237.jpg
広がる景観を見ながら直通エレベーターで32階展望ホールへ上がる。利根川に架かる群馬大橋(右下に少し見える)の下流 南側の景観
f0237893_115975.jpg
群馬県庁の地上127m、32階にある展望ホール。南側の景観
f0237893_1152936.jpg
南側の景観 利根川に架かる全長280m 4連のアーチ橋が見える、昭和28年(1953)に開通、国道27号線
f0237893_1154924.jpg
東側の景観
f0237893_1161251.jpg
北側の景観 上毛三山などが望める。利根川に架かる大渡橋の北方向に群馬県唯一の広さを誇る敷島公園がある。
敷島公園:総面積36万6000平米の広大な敷地には、前橋市水道資料館、前橋市蚕糸記念館、萩原朔太郎記念館ほか、陸上競技場なども。600種7000株のバラが咲き誇る敷島公園バラ園やボート池などもあり、市民の憩いの場となっている。
f0237893_1162989.jpg
北側の景観 噴水や滝など水の景色が楽しめる親子・水上ステージ・ゾーン。見える橋は利根川に架かる中央大橋。 前橋公園:かっては前橋城の三の丸があったところに、日露戦役を記念して造られた。市内で最も古い公園で、園内には昭和34年(1959)に当時の皇太子殿下ご成婚を記念して造られた「さちの池」や児童遊園の「るなぱあく」などがある。桜の名所としても有名。
臨江閣:前橋公園にある歴史的建造物。本館、別館、茶室からなる近代和風の木造建築物。数奇屋風造りの本館は明治17年(1884)に迎賓館として建てられ、明治天皇をはじめ多くの皇族が滞在した。書院風建築の別館は、その26年後に一府十四県連合共進会の貴賓館として建てられた。現在は文化行事の会場として利用されている。
グリーンドーム前橋:利根川河畔に立つイベント施設。世界選手権自転車競技大会の会場として、1990年にオープンした全天候型多目的アリーナ。最大収容人員は2万人。ほぼ毎日開催される競輪をはじめ、各種スポーツ大会や展示会、コンサートなど最新テクノロジーにより、あらゆるイベントに対応可能。
f0237893_11648100.jpg
北側の景観 るなぱあく:昭和29年(1954)開園の遊園地。園内にはメリーゴーランドや豆機関車、豆自動車など懐かしい乗り物がたくさん。なかでも開園当初からある電動木馬は日本最古のもので、国の有形文化財に登録されている。
f0237893_117145.jpg
窓際で雄大な景観を楽しむ家族
f0237893_1175180.jpg
西側の景観 32階まで高速で登る展望エレベータからもこちらが見える
駐車場に戻ると雨が降り出した。やはり明日は雨か?


[PR]

# by nbcayabe | 2011-09-02 11:08 | 文化財研修記

舞鶴市展を観に

今年も第43回 舞鶴市展を観に行った。6月15日(水)高速道路の無料化実験が今週で終わるので往復とも利用する。無料なので高速道路の車両数が随分多い。舞鶴市総合文化会館の駐車場に着く。
脊柱管狭窄症のかなりの痛みに耐えつつ、ステッキをついて歩いて廻った
f0237893_15235097.jpg
日本画の展示会場にて、友人のFさんの入選作品も
f0237893_15233966.jpg
写真展示会場にて。同じくFさん、Hさんの入選作品
f0237893_15232429.jpg
洋画の展示会場にて
f0237893_1523587.jpg
赤レンガの舞鶴市政記念館・まいづる智恵蔵
f0237893_15223522.jpg
駐車場横は中舞鶴の岸壁


[PR]

# by nbcayabe | 2011-07-07 15:40 | 美術展など

石楠花の満開の千手院

干支頭の会(子歳生まれの同窓会)の帰り道、山の手の道伝いに散策し、石楠花のきれいな千手院の境内を撮った
f0237893_1914970.jpg
「真言宗・霊応山・千手院」の「標柱」と「石垣」、「参道」
f0237893_1914118.jpg
境内を上に登っていくと石楠花の上に「忠魂碑」が見える
f0237893_19135223.jpg
振り返ると千手院の「山門」と「本堂」、遠くに位田高城山と横尾山が並ぶ
f0237893_1913448.jpg
石楠花と「文殊堂」「四尾稲荷神社」「水天宮」「鎮守堂」
f0237893_19133374.jpg
「四尾稲荷神社」「文殊堂」「水天宮」
f0237893_1913264.jpg
石楠花をはさみ「鎮守堂」と「三界萬霊碑」
f0237893_19131652.jpg
石楠花の上に建つ「鎮守堂」
f0237893_1913762.jpg
石楠花の上に「文殊堂」と「四尾稲荷神社」
f0237893_19125445.jpg
石楠花の土手の上にのぞく「薬師堂」


[PR]

# by nbcayabe | 2011-05-30 19:38 | 花だより

夜久野高原 京都府緑化センターの見事なヤエベニシダレ桜トンネル

「但東町のチューリップまつり」出石町・伊藤清永美術館「100年のキセキ展」、「出石城跡・出石そば由来・家老屋敷」、「稲荷神社・有子山城跡」、「辰鼓楼・大手前・出石そば」などと周り、再び但東町へ向う国道482号線の途中から鉄鈷山の麓を横切り夜久野高原に入り、京都府緑化センターの「ヤエベニシダレ桜のトンネル」を見に行った
f0237893_16494851.jpg
重厚なヤエベニシダレ桜のトンネル 入り口付近
f0237893_1651425.jpg
京都府緑化センターの標柱の立つ桜トンネル入り口
f0237893_16513679.jpg
京都府緑化センター案内図
f0237893_16512661.jpg
ヤエベニシダレ桜の拡大写真
f0237893_16511726.jpg
トンネル下を観る人の頭まで垂れ下がるヤエベニシダレ桜
f0237893_1651959.jpg
ヤエベニシダレ桜の案内
f0237893_16505921.jpg
車椅子の観桜者も
f0237893_16505036.jpg
車椅子の観桜者も混じって
f0237893_16503094.jpg
桜トンネルの奥から左外側を撮る
f0237893_16501987.jpg
桜トンネルの奥から右外側を撮る

帰りに夜久野高原の夜久野温泉、道の駅:夜久野などの一角にある夜久野農匠の館に寄り、3月に原木しかなく買いそびれた「椎茸菌の種付け済みホダ木」を求めたが、もう原木も置かれていなかった。草花の苗を買って帰る。
さらに福知山の菓子屋(2店)に行ったがどちらも休日だった。ついでに国道9号沿いの大きな書店に行き「ルルブ・群馬県」などを買った。外に出ると雨が降り出したので車中の降雨となった。天気予報が外れると期待して出かけたのは正解だった


[PR]

# by nbcayabe | 2011-04-24 17:22 | 花だより