100年のキセキ 出石町の伊藤清永美術館で参観

3月に友人のF夫妻が「あさご芸術の森美術館」で「伊藤清永・淀井敏夫 100年のキセキ展」を見られた帰りに来訪され、素晴らしいので是非にとお勧めいただいた。
多用で「あさご芸術の森美術館」へすぐに行くことが出来ず、4月19日になり出石の「伊藤清永美術館」へ行くことができた。
f0237893_8122389.jpg
Fさんから紹介していただいたパンフレット
2人の奇跡と軌跡: 洋画家・伊藤清永と、彫刻家・淀井敏夫は、同じ兵庫県但馬地方に生まれています二人は偶然にも同じ年(1911年・明治44年)の同じ月(2月)に生まれました。
 伊藤は、中学生で出石町を、淀井は小学生で朝来市を離れますが、二人とも東京美術学校(現在の東京芸術大学)に学び、晩年はどちらも出生地に美術館が建設され、文化勲章を受章するといった不思議な関係があります。
 伊藤は、油絵科を卒業し、日展、白日会を中心に作品を発表、明るい色彩のふくよかな裸婦像やバラを得意としました。
 一方、淀井は、彫刻科を卒業し、二科会で作品を発表、そぎ落としたような形態と、岩肌を思わせるようなフォルムが特徴の彫刻を多く残しています。
 それぞれ分野は違いますが、日本の近現代美術に寄与し、その貢献の大きさはいうまでもありません。
 このたび生誕100年を記念して、郷土の誇りである二人が、同じ年、同じ月に同じ但馬地方に生まれた「奇跡」と、日本の美術界に大きな足跡を残した二人の偉大な「軌跡」を振り返り、二人展を開催いたします。
f0237893_8121274.jpg
但東町から出石町に入り出石城の下にある駐車場に車を止めた
f0237893_8113589.jpg
駐車場の奥隣に「家老屋敷」と「伊藤清永美術館」が建っている。

 ふくよかな裸婦像の油絵とそぎ落とした鋭利な塑像、対照的な二人展だった


[PR]

# by nbcayabe | 2011-04-23 08:59 | 文化財研修記

2011但東チューリップ祭りに行く

例年ならば暖冬で雪不足が今年は4月初旬にも降雪があるほどの寒い春を迎えた。中神宮寺7組の花見が4月18日夜にあり、送迎バスの乗降でもかなりの雨降りだったが、翌日19日(火)の朝は晴れた。
天気予報では気候が不安定な変わり目で悪化するとなっていたが、天気予報の外れを見越して出かけることにした。

行き先は出石町の伊藤清永美術館、「100年のキセキ」展である。福知山市から三岳山の麓を抜ける国道426号線で1998年に完成した新登尾トンネル(1773m)を通り但東町に入った。以前の三国岳の狭いつづら折れを登り、短い低い登尾トンネルをくぐるのと比べると全く楽になったものだ。

目的の伊藤清永美術館に早く着いても開館前かもと思い、沿道に旗が並んでいた「2011たんとう・チューリップ祭り」を見に行こうと道を外れた。
ところが、今までの道路傍の会場でなく異なる場所で開催していた
f0237893_1627329.jpg
モンゴル館の駐車場に車を置き、たった2人だけ乗った シャトルバスで会場まで運んでもらった。
往復とも乗客は、私たち2人だけ。駐車係、シャトルバスの乗り場係りなど6名程、シャトルバスも3台は数えた、町営なので採算性除外か?
f0237893_16275460.jpg
会場に着くと入門ゲートがあり、入場料として、一人500円払った。ところがチューリップは全く開花していず、中央ほどの一角の蕾が色づいているだけ。やはり今年の春は寒いのだ!

砺波のチューリップ・フェァに数回行ったが、ゴールデン・ウィークの人出にチューリップの開花を遅らせ、保たせるのに、球根を冷凍したりの苦心を聞いているので今年は楽勝だと思える。

中央に丸太組みの展望ステージが組まれている。
2011たんとうチューリップまつり  開催期間 平成23年4月15日(金)~26日(火) 12日間
何と、ゴールデン・ウィークのかき入れ時はやっていないのだ!

兵庫県豊岡市但東町畑山  畑山チューリップ畑
但馬の春の風物詩となった「たんとうチューリップまつり」(4月中旬から下旬に開催)。1992年から毎年、豊岡市但東町畑山のチューリップ畑で開催されているチューリップまつりでは、100万本の色とりどりのチューリップが観光客を魅了します。
f0237893_1628743.jpg
中央の一角だけ蕾が色づいている
f0237893_16282223.jpg
やっと蕾が色づいた一番ましな一角
f0237893_16291030.jpg
木で組まれた特設展望台の上に立つ。 今年のテーマは「ペコちゃん」だが、まだ青々としたチューリップ畑が広がり、何のアートも見えない。
趣向を凝らしたフラワーアート  イベントのメインとなっているのは「フラワーアート」。毎年約10万本のチューリップを使って、畑一面にその年のアートを描きます
2011年のデザインは「ペコちゃん」です
第20回を迎え、「家族のきずな」をテーマに「ペコちゃん」を描きます。お子様には日頃お菓子のキャラクターとしてよく見かけている「ペコちゃん」、中高年の方には懐かしい「ペコちゃん」、家族に愛され笑顔いっぱいの「ペコちゃん」を10万本のチューリップで描きます
f0237893_16292572.jpg
数張も組み合わせて設営された大テント食堂も人影一人無し。テント奥にずらりと並ぶ模擬店はしっかり準備して、店員さんがしっかり客待ちされていたが、お客はゼロ
f0237893_16294540.jpg
テント外側のチューリップ販売所で「ファンシー・レディ」という寄せ植鉢を買って帰る
f0237893_16293724.jpg
但東町と久美浜を結ぶ国道482号線にも「たんたん・トンネル(1237m)」が開通しており便利になった。
トンネルの上に「高竜寺ケ岳(697m)が見える。以前登った見晴らしの良い山である。丸い花壇が並ぶ北側も、まだ青いだけのチューリップだけが植わっている


[PR]

# by nbcayabe | 2011-04-22 17:17 | 花だより

郡是の創立者・波多野鶴吉翁を祀る波多野記念碑 桜満開

いつもの散歩コースの桜が今年も満開、京都府議会議員選挙の投票日とあって、投票所になっている神宮寺公会堂で投票をすませ、次々と訪れる人も多い
f0237893_1716768.jpg
波多野記念碑・南ガ丘の広場を見上げる
f0237893_17162234.jpg
一番下の神宮寺公会堂から続く長い参道を見下ろす
f0237893_1763917.jpg
参道の上部の桜
f0237893_1753346.jpg
参道下の神宮寺公会堂前の桜
f0237893_175184.jpg
南が丘広場の桜
f0237893_174353.jpg
波多野鶴吉翁の慰霊碑
f0237893_1741846.jpg
満開の桜 クローズアップ
f0237893_1793444.jpg
波多野鶴吉翁の銅像


[PR]

# by nbcayabe | 2011-04-16 17:09 | 花だより

丹波市の興禅寺・植野美術館・資料館を参観

昨秋に舞鶴市の友人夫妻に誘っていただき「丹波市立植野美術館の丹波美術大賞展」を見に行きました。
今回は母親が黒井の出身であったという「富岡鉄斎の絵画展:2月20日(日)まで」があり見に行きました。
今年は降雪が多く連日寒風が吹き雪のちらつく天気でしたが、29日(土)は天気も良く予定の所要が早く済んだので、10時過ぎに家を出て舞鶴高速道で春日インターまで走りました。
f0237893_18562239.jpg

春日局(幼名:お福)が生まれ3歳まで住んだ黒井城下館、現興禅寺を見学しました。
詳しくはここをクリックください http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/977.html

お昼になったので、春日町よりJR石生駅・水分れの城山トンネルを抜け、前回友人に教わった「ゆめたうん」の大型ショッピングセンターで昼食を食べました。
f0237893_1922969.jpg

家内の食べた店長のお勧めNo.1
f0237893_1933336.jpg

私の食べた店長のお勧めNo.2
f0237893_1944035.jpg

本屋に行き朝刊に広告の出ていた発売したばかりの「NHK名曲アルバムCDコレクション 創刊号 音楽の都ウィーン ~美しき青きドナウ 490円」を買いました。
家に帰り早速デジタルTVのCDデッキにかけたところ曲名一覧が出ましたが、第08曲名が「田園交響曲(ベートーベン)」であるべきところが、ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー作曲の「双頭の鷲の旗の下に」になっていました。創刊号の名作全集新発売なのに始から大ミスのようです!。

大学生のころ、本屋で「ソノシート」と云うのが売り出され、固いレコードに比べ、ぐにゃぐにゃに曲がる円盤で珍しく安いので愛用しました。「朝日のようにさわやかに」「A列車で行こう」「ドナドナドナ」・・・などポップ・ミュージックを楽しんだ思い出があります。

上記のCDコレクションは、隔週火曜日発刊で美しいグラビア刷り解説のついたマガジンです。全70巻の発刊予定のようです。

氷上の信号があり左折して加古川をわたったところ、丹波市役所近くの丹波市立植野美術館に行きました。
f0237893_1985177.jpg

ギリシャ風大理石の豪華な美術館です。富岡鉄斎の絵画展 併催の館蔵名品展ー中国花鳥画の世界ー」を見ました。
詳しくはここをクリックください http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/979.html
f0237893_19122757.jpg

帰りにもう一度、春日インター入り口手前の春日町歴史博物館・郷土資料館を見学して帰路につきました。
詳しくはここをクリックください http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/978.html


[PR]

# by nbcayabe | 2011-01-30 19:16 | 文化財研修記

府民の森ひよし キャンプ施設

孫たちの来綾帰省に備え、バーベキュの出来るキャンプ場の下見に行った。日吉青少年山の家
http://nbcayabe.exblog.jp/13674928/
から日吉ダム・天若湖近くの「府民の森ひよし」に移動した。

f0237893_19545360.jpg
府警の乗馬イベントが子ども達を集めて行われていた
f0237893_1955724.jpg
乗馬イベントで一周
f0237893_19552516.jpg
貸し一戸建ロッジが並ぶ
f0237893_19553712.jpg
炊事施設
f0237893_19554949.jpg
貸し一戸建ロッジ全景
f0237893_1956315.jpg
キャンプ場全景
f0237893_19561643.jpg
かまど、調理場


[PR]

# by nbcayabe | 2010-05-19 20:05 | 里山・川散策

弥仙山三社大祭・山菜まつりに参加

GWの5月3日、弥仙山三社大祭と山菜祭りの取材に行った。於与岐の弥仙山会館に車を置き、シャトルバスで弥仙山山麓にある「弥仙山山菜祭り」の会場に到着。
何時もなら弥仙山から下山する頃には、小さな蕗を束ねた人気の山菜が売り切れなので、5束900円のを2組買い名前を書いて売り場に預けた。1組は下記の孫へのお土産用である。

今日は孫2人も爺・婆に連れられて来ると言うので会場で待つと、8時10分の綾部市役所前から出発の送迎バスで到着した。水源の里のスタッフが開催する弥仙山ウォーク・スタンプラリーに参加を申し込んでいた。
途中で食べるようにと柏餅をテント村売店で買い持たせる。

於与岐町のYさんや子どもたちは開会セレモニーを待たずに登山に向かう。私は軽快な弥仙山太鼓のあと、10時からの実行委員長と山崎善也綾部市長の挨拶を取材してから、子どもたちの後を追い弥仙山に向かった。

取材した記事は下記をクリックしてご覧ください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/825.html

弥仙山登山中に見かけた山野草の写真を載せる
f0237893_8412437.jpg
ヤマシャクヤク
前日に綾部の文化財を守る会の会報を届けに於与岐町のY会員宅に来て、これから今年のヤマシャクヤクの咲き具合を確認に弥仙山に行くところだとのこと。ヤマシャクヤクの受粉で共生関係にあるカマキリのことを聞いた。
検索で調べると「フタスジカタビロハナカマキリ」という長い名前なので、ムシ屋さん達には「キマル」と呼ばれている垂涎のまとのカミキリとあった。
f0237893_843731.jpg
マムシグサ
先般、山家のウラシマソウに関して、山家今昔写真の会の有道大作会長から訊ねられたところの山野草だ(記事は http://nbcayabe.exblog.jp/13456057/ をクリックください)
弥仙山には沢山自生しているが、これを掘り採って帰る人を見かけた。多いと云っても登山道の近くの山野草は、登山者みんなの宝物なので、採集だけは止めて欲しい。希少種の山野草だと一本の植生を失うだけでも絶滅の可能性が増すことになる。
f0237893_8435883.jpg
イチリンソウ
登山道わきの各所に見られる
f0237893_8444861.jpg
オオルリソウ
登山道わき各所に見られる
f0237893_8455674.jpg
紫のイカリソウ
舞鶴市境の稜線に多い
f0237893_8471337.jpg
ヤマブキ
今まで「山吹」は八重咲きで、葉も茎も良く見慣れている自宅にある花だとばかり思っていた。つまり太田道灌の山吹伝説にある、後拾遺集に醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王が詠まれた「七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき」という歌で、山吹は八重咲きだばかり過信していた。
舞鶴市のFさんに聞くと「ヤマブキ」では?とのことで、検索するとその通りであった。八重咲きでない、一重咲きの葉も茎も異なる「ヤマブキ」を始めて知った。

弥仙山中腹の於成神社、山頂の金峯神社に登り、宮司様は御詣りを終えて下山されるのに出会うが孫達には出会えず、改心の道・周回ルートを下りた。ウォーク・ラリーの受付で帰着情報を確かめるとまだ降りてきていないと云う。

登山口の水分神社に上がると宮司さんが御詣りの最中だった。しばらく経つと一番元気の良い次男坊が降りてきた。孫たち一行と山頂で食事中にすれ違った様子だ。大勢の人が昼食中だったので、ざっと見回したが見逃してしまった。
一緒にテント村会場に下りて、ステージで演奏中のマンボ・ジャズ・バンドを聞きながら、山菜うどんを注文し、家から持ってきたおにぎりを食べた。
やっと全員が下山して揃ったのでシャトルバスに乗り帰路についた。


[PR]

# by nbcayabe | 2010-05-18 09:11 | 里山・川散策

日吉青少年山の家 キャンプ場下見

GWになったが合計7人の男子ばかりの孫は、親たちの都合で一人も来ない。夏休みの機会にでもと考え、バーべキュウの出来るキャンプ場の下見に行った。
f0237893_9151949.jpg
八重桜が広場沿いに綺麗に咲いていた
f0237893_9162527.jpg
山の家の管理棟、風呂もあり宿泊できる。沢山の人が泊まっている様子だった
f0237893_917441.jpg
山の家の配置図、案内板
f0237893_9181992.jpg
ロッジ棟が並んでいる
平成5年度林業山村活性化林業構造改善事業 森林活用環境施設(バーベキュウ棟等)事業主体:日吉町
f0237893_9191885.jpg
バーベキュウの出来るかまど
f0237893_9201015.jpg
六角型の屋根があるロッジ、テントを張たり、川原に下りて水遊びが出来る
f0237893_921326.jpg
木の橋が架かている


[PR]

# by nbcayabe | 2010-05-11 09:34

夜久野宝山公園、夜久野ドライブイン、農匠の郷

4月10日に夜久野の京都府緑化公園へ、ヤエベニシダレ桜のトンネルを観に行った
好天気で大勢の人が訪れており、駐車場がなく緑化公園の横の細道を走り、奥にある宝山公園の駐車場に入った。
f0237893_9412289.jpg
桜のきれいな夜久野宝山公園駐車場
f0237893_9414668.jpg
夜久野宝山(349.7m)の火口跡や48ヶ所石仏巡りのハイキングコースなど、今度訪れてみようと思う
f0237893_942717.jpg
夜久野宝山公園案内図
f0237893_9422380.jpg
昼食は国道9号線夜久野峠頂上にある桜がきれいな夜久野ドライブインで食べた。夜久野ソバが美味しい
f0237893_946032.jpg
ドライブインから奥に進むとロータリーがあり、夜久野農匠の郷がある。夜久野温泉に入った。
高原市の売店があり、「ウラシマソウ」「ヤマシャクヤク」の山野草の苗が売られていた。多分緑化センターの人口栽培で増やしたものだろう
f0237893_9424353.jpg
町農匠の郷案内図
 大町藤公園もいつも通る和田山へ下りる峠の麓にあり、4月下旬~5月上旬が見頃だと云う


[PR]

# by nbcayabe | 2010-04-22 09:50 | 花だより

マムシグサもありました

ウラシマソウ満開のお知らせを、群生地の保護を依頼した地元にお住まいの山家今昔写真の会:有道大作会長に電話連絡すると、白い花の咲いている品種があるが何という花かと尋ねられた。

山野草に詳しい舞鶴市のFさんに問い合わせると、テンナンショウの仲間というご返事をいただき、そのことを有道さまに電話してから、インターネットで調べると、以前にウラシマソウ群生地を教わった時に検索した画面が現れ、「テンナンショウの仲間」だったと思い出した。

「ウィズペキア」と「テンナンショウの仲間の写真」をダウンロード・コピーして、今朝東山公園に行ってきた。有道さんに出会ったが、これから所用で出かけるとのこと、丁度今日は地元の作業日だと云う事で、遊歩道付近で作業中の村人の責任者の名前を紹介してもらった。

東山公園の遊歩道に行くと、遊歩道脇の桜の並木の消毒や竹薮の伐採中だった。桜並木・ツバキに近いから、遊歩道脇を広げて明るくする目的だそうだ。

最初の時にFさんに教えていただいたウラシマソウの群生地に、切り出した竹を下ろしてその下側の川岸で枝を落とし切り出した竹を燃やしていた。

ここは台風洪水被害のあと、逸早くウラシマソウの開花が復活した場所で、昨年は雑草の刈り込みに遭って丸裸にされ、今年は葉を出しているが、花をつけていない所なので、出来るだけウラシマソウの植生を痛めないようにして欲しいとお願いしておいた。

多分踏まれたりしても消えずに残るとは思うが、来年の開花は駄目かもわからない。不明な花があるところを尋ね、葉や花の様子を聞いてから、持ってきた図鑑と照合しようと花の確認に行った。

石橋をわたり対岸の上り口のウラシマソウをもう一度良く見ると、かなり増えており、花も2株、道下の川原にも1株の立派な花が咲いていた。ここもウラシマソウの群生地になっていた。

問題の花は、ウラシマソウと同じような葉だが棘がある、花の色や様子が違う、多分マムシグサと思うと責任者の方が言っていたが、石橋を渡ったすぐ左手の水の流れ込む場所の奥に一本だけあった。コピーした図鑑と合わすまでもなく、見慣れたマムシグサの花だった。茎にもまだらの斑点があり、これがマムシグサの名前をつけられた原因だ。

インターネットからコピーした文書を全て有道さんに渡してもらうように、手配してから帰った。
>マムシグサ:湿った林内に生える多年草でテンナンショウの仲間。偽茎には紫色の斑点があり、このまだら模様をからマムシを連想して和名が付けられた。葉は2個つき、小葉は7-15個。仏炎苞は淡緑色~淡紫色で白いすじがある。本種は地方的な変異が大きい。

f0237893_11145195.jpg
有道さんから問い合わせのあった不明の花は、マムシグサだった
f0237893_11154116.jpg
上林川下流の遊歩道を挟み竹を切り、川原で燃やしている
f0237893_11161120.jpg
作業中の現場に行き責任者の方と話しをする
f0237893_11164431.jpg
石橋を渡り山家城址公園に登る山道の上り口付近にもウラシマソウが開花していた
f0237893_1117764.jpg
日陰なのでまだ全開していないウラシマソウもある
f0237893_1117231.jpg
山道をはずれ川原に下りたところにも立派なウラシマソウの開花が1株


[PR]

# by nbcayabe | 2010-04-18 17:02 | 里山・川散策

ウラシマソウ満開

今朝は、東京中心部に降雪があったニュースが流れたが、晴れ間の広がった午後にウラシマソウの花を撮りに出かけた。
舞鶴市在住のFさんの予想通り、この数日の寒さや雨天の中でも満開が終わり、まさに盛りを通り越した花の状態が写真に撮れた。10本ほどの花のある一群は、ほとんど同時期に開花する様子がよく解った。

洪水に耐え復活した貴重な山野草の植生、健康長寿の里に相応しく逞しく子孫を残し、ますます増え続けるように願いながら別れを告げた。
雑草刈りに遭った一群は、一番観やすいところにあるが、今年は花が一つも無く、来年の開花時期が楽しみである。

f0237893_17273092.jpg
長が~く、ひげの伸びたウラシマソウ、細い髭が茎を横切り地面に届いている
f0237893_17275262.jpg
一番若い花は黒色が濃い
f0237893_1728694.jpg
少し白っぽくなってきた花
f0237893_17281840.jpg
裏が透けているような感じ


[PR]

# by nbcayabe | 2010-04-17 17:51 | 里山・川散策